「のこり染」とは

「KURAKIN」は、「のこり染」を採用した暮らしの布具ブランドです。 私たちが口にする食品の使わない部分、その「のこり」で染色する「のこり染」は、日本の暮らしにとけこむ、天然色素のやさしく暖かい色合いです。
上質な仕上げを施した衣料向けオリジナル生地や、数少ない繊維産地で作られたタオル、帆布を使い、生活の中で永く大切に楽しみながらお使いいただけるように、すべての製品の形状はシンプルな形を目指しました。 「のこり染」や縫製は自ら行い、メイドインジャパンにこだわっています。
食品が生み出す自然の恵みの色を大切に使っていきたいと思います。

▼オリジナルカラー
・あずき
老舗和菓子店よりゆずり受けた国産小豆の皮で染められています。小豆ならではの深みのあるレッドブラウンの発色が特徴です。
・パセリ
野菜ジュースを絞った後のパセリで染められています。パセリ独特のグリーンの発色が特徴です。
・ブルーベリー
果汁を絞った後のブルーベリーで染められています。軽井沢近郊で採れたこだわりのブルーベリーならではの深いブルーの発色が特徴です。
・うめ
梅酒を作った後の紀州産「南高梅」で染められています。梅ならではのさわやかな発色が特徴です。
・くり
老舗栗菓子店よりゆずり受けた栗の鬼皮で染められています。鬼皮独自の深みのある発色が特徴です。
・ワイン
長野塩尻産メルロースワインとして発酵させた後のブドウで染められています。メルローならではの上品で落ち着いたパープルの発色が特徴です。
・ウーロン
厳選されたウーロン茶の茶殻で染められています。ウーロン茶独特のブラウンの発色が特徴です。

▼岐阜の春夏秋冬をテーマにしたカラー
春:さくら
岐阜県本巣市根尾にある樹齢1,500年余と言われる淡墨桜の2世を保存する取り組みの中で間伐された枝で染めています。桜特有の淡いピンクの発色が特徴です。
夏:よもぎ
薬草の宝庫である岐阜県揖斐川町春日で草餅を作った後の煮汁で染められています。蓬ならではの深いグリーンの発色が特徴です。
秋:かき
岐阜県美濃加茂市蜂屋町の名産「堂上蜂屋柿」の皮で染められています。柿ならではのペールオレンジの発色が特徴です。
冬:ひわだ
豪雪地帯である岐阜県飛騨市にて檜皮葺の屋根に雪が降り積つもる景色は日本ならではです。檜皮特有の淡いブラウンの発色が特徴です。